「西川伸一の政治時評」

1か月半に一度『週刊金曜日』に連載


#120「岡口裁判官弾劾裁判 慎重な判断切に願う」
2021年9月3日(1343)号、32頁。

#119「民意集約の力秘める 国民審査の制度改善」
2021年7月16日(1337)号、39頁。

#118「中止を求める『朝日』 政権の肩持つ『読売』」
2021年6月4日(1331)号、33頁。

#117「五輪開催の可否検討 朝日新聞社は真剣に」
2021年4月16日(1325)号、11頁。

#116「山田内閣広報官辞職 手叩く「ユダ」いた?」
2021年3月5日(1319)号、14頁。

#115「偶然機構を用いれば 公平な指名も可能に」
2021年1月22日(1313)号、27頁。

#114「最高裁裁判官の審査 民主的統御が不可欠」
2020年12月4日(1307)号、13頁。

#113「平賀書簡事件と同じ 研究者威迫しないか」
2020年10月23日(1301)号、13頁。

#112「発足直後解散狙う? 菅政権こそは退陣を」
2020年9月11日(1295)号、31頁。

#111「世界で最も危険な男 再選の片棒を担ぐ?」
2020年7月17日(1289)号、11頁。

#110「感染症対策未経験の 医務技監は「致命的」」
2020年6月5日(1283)号、12頁。

#109「ヒトの危機管理の価値 再認識させた感染症」

2020年4月17日(1277)号、13頁。

#108「後手後手の政府対応 政治決断で逆転狙う」
2020年3月6日(1271)号。

#107「参政権の行使考えて 成人式は18歳対象で」
2020年1月24日(1265)号。

#106「村上議員の座右の銘 に覚悟を実感できた
2019年12月6日(1260)号。

#105「憲政史上最長「栄誉」に水? 河井法相辞任
2019年11月8日(1256)号。

#104以前のものについては、次をご覧ください。

http://www.nishikawashin-ichi.net/seijijihyo.html

#104「最高裁裁判官の人事 司法独立の弱化懸念」
が2019年10月31日付『朝日新聞』「論壇委員が選ぶ今月の3点」(曽我部真裕=憲法・メディア)に選ばれました!