Articles 研究雑誌・書籍掲載論文

#91 西川伸一「司法をめぐる動き(76) 戸倉三郎・新最高裁長官人事を分析する」『法と民主主義』第571号(2022年8/9月号)27-31頁。

#90 西川伸一「オシントから最高裁裁判官人事はどこまでわかるか─矢口洪一(1984)以降の103人の人事を対象として─」『政経論叢』第90巻第3・4号(2022年3月)129-177頁。


#89 西川伸一「鳩山一郎の「友愛革命」とはいかなるものだったのか」
碓井敏正・西川伸一編(2022)『自己責任資本主義から友愛社会主義へ』ロゴス、128-135頁。

#88 西川伸一「裁判所ではなく裁判官ポストに注目する
『フラタニティ』第23号(2021年8月)16-21頁。

#87 西川伸一「司法の現状:制度と運用の実態をどう把握するか──司法官僚制的人事慣行と石田和外裁判官」
『法と民主主義』第559号(2021年6月)9-12頁。

#86 西川伸一「第四章 司法官僚─石田和外裁判官の戦後」23期・裁判官ネットワーク編(2021)『司法はこれでいいのか。』現代書館、319-346頁。
書評:「刑事弁護オアシス」
書評:2021/5/14(13日発行)『夕刊フジ』

#85 西川伸一「覚せい剤取締法制定(1951)以降の覚せい剤取締りをめぐる立法過程の実証研究」
『明治大学社会科学研究所紀要』第59巻第1号(2021年1月)13-37頁。

#84 西川伸一「最高裁裁判官の指名・任命手続きについて」
『法と民主主義』第548号(2020年5月)46-50頁。

#83 西川伸一「最高裁を若返らせる」
村岡到編(2020)『政権構想の探求①』ロゴス、55-77頁。

#82 西川伸一「司法制度改革で提唱された裁判官増員はどうなったのか」
『法社会学』第86号(2020年3月)143-154頁。

#81 西川伸一「高等裁判所部総括判事の人事をめぐる一考察」
『法学研究』第93巻第1号(2020年1月)63-93頁。

これまでの論文については、次をご覧ください。
http://www.nishikawashin-ichi.net/articles.html